顎ニキビが出来る意味にはカラダの不調も考えられるの?顎ニキビの原因は、内臓系や胃腸の働きにも関係してるの?

顎ニキビができる原因のひとつとして、内臓や胃腸の働きが弱っていることを意味している場合があります。

内臓の働きが弱っていると、それがそのまま肌に表れます。胃腸は摂取した食べ物を最終的に処理する場所であり、胃腸や内臓の働きが鈍ることで、老廃物が体内に蓄積されることになります。
老廃物がたまり、血液の流れも滞り、皮脂が詰まることに結びつき、顎ニキビができる原因となるのです。

顎ニキビや口まわりにできるニキビは、栄養のバランスが乱れによる便秘など、食生活が影響していることが多くみられ、これらを意味するために肌に症状となってあらわれます。

近年の日本人の食生活は欧米化がみられ、揚げ物や肉類、甘いデザートなどを摂取する機会が増えています。動物性脂肪が中心の食事や加工食品の摂取が多いと、腸内環境は悪化します。顎ニキビがあらわれることは、内臓や胃腸の不調を意味していることがわかります。

内臓や胃腸の働きが整うと、体内に老廃物がたまることもなく、血液もスムーズに流れ、便秘も解消されるので、顎ニキビの改善が期待できます。
ニキビの原因は毛穴が詰まり、そこに皮脂がたまって炎症を起こすという経過をたどりますが、肌の免疫力や腸内環境が整っていれば、簡単に重症化することはないのです。

顎ニキビ 意味 原因

コメントは受け付けていません。