顎ニキビが増える理由に生理前のホルモンバランスの乱れは関係があるの?妊娠初期などに顎ニキビが出来る理由って?

顎ニキビが増える理由のひとつに、生理前や妊娠初期のホルモンバランスの状態があります。

顎には汗腺はあまりありませんが、皮脂腺が多くあります。そのため元々皮脂が詰まりやすく、ニキビができやすい場所です。

男性ホルモン・アンドロゲンは、この皮脂の分泌を過剰にする働きがあります。アンドロゲンが多量にでることが顎ニキビがたくさんできる理由のひとつです。

男性ホルモンは女性の体内でも作られています。不規則な生活、ストレスなどが原因でホルモンバランスが乱れると男性ホルモン優位となるのです。

これを改善するには、不規則な生活を改め、ストレスをうまく解消する必要があります。

また、女性は生理前の2週間もホルモンバランスが崩れます。
女性ホルモンには卵胞ホルモン・エストロゲンと黄体ホルモン・プロゲステロンがあります。生理前の時期は、黄体ホルモン・プロゲステロンが増えるのですが、この黄体ホルモンは男性ホルモンに似た働きをします。

また、黄体ホルモンは妊娠初期にも増加します。増える理由は受精卵や母胎を守るためで、水分や脂肪を身体に蓄えようとします。生理前にもこの妊娠初期と似た状態になり、身体がむくみ、さらに皮脂が過剰に分泌されてしまい、結果顎ニキビができやすくなるのです。

顎ニキビ 理由 生理前

コメントは受け付けていません。