顎ニキビが治らない場合や悪化してしまう場合、マスクが原因していることもあるの?顎ニキビを悪化させない方法って?

顎ニキビが治らない現任の一つにマスクが原因となっていることがあり、それ以上悪化させない方法をとることが大切です。

マスクは周りの菌から自分を守るために付けている方が多いですが、着用中は常時息が内側に吹きかけられています。
息の中には少なからず菌も発生しており、マスク内部は過失状態にある為菌の繁殖も盛んとなりやすいです。
また、マスクを一時的に外すとき、大抵は顎の方に引き下げます。これも、菌が多量に付着した面が顎につき、顎が汚れてしまいます。

マスクを頻繁に使う人は悪化しやすく、なかなか顎ニキビが治らないというケースが多いです。
悪化を防ぐ方法としては、マスクを定期的に交換することで付着する菌を最小限にすることができます。
また、洗顔やフェイスシートなどで清潔を保つことでなかなか治らない顎ニキビを改善することが可能です。

しかし過度に洗顔してしまうと肌の皮脂を落として乾燥状態になってしまうこともあります。乾燥した肌はダメージを受けやすくかえってニキビが増えるリスクも高めてしまうため、定期的なマスクの交換と適時清潔に保つことが顎ニキビを治すうえでよい方法とされます。

ニキビは放置すると悪化しやすく痕も残りやすいです。また顎は見逃されやすい為、しっかりとケアしていくことが必要です。

顎ニキビ 治らない 悪化

コメントは受け付けていません。