顎ニキビが痛い原因としてホルモンバランスの乱れはどのような関係があるの?生理前や妊娠初期に顎ニキビが出来やすい原因って何?

生理前や妊娠初期にできやすい痛い顎ニキビの原因は、ホルモンバランスの変化にあります。

女性ホルモンには、女性らしい体つきにする卵胞ホルモンであるエストロゲンと、妊娠を促す黄体ホルモンであるプロゲステロンがあります。
通常はエストロゲンの分泌量が多いのですが、生理前や妊娠初期になるとプロゲステロンの分泌量が増えます。

プロゲステロンには妊娠を促す他にも、皮脂の分泌を促す作用があります。そして皮脂の分泌が活発になると毛穴の小さい顎部分は毛穴詰まりを起こしやすくなります。
すると、芯があるような痛い顎ニキビになってしまうのです。

このように生理前や妊娠初期にできやすい痛い顎ニキビの原因には体内のホルモンバランスの乱れが大きく影響しています。
そのため生理前のニキビはバランスを整えるサプリやピルを服用することで改善することができます。

妊娠初期の場合はピルなどは使用できませんが、妊娠が進むにつれバランスは整って行くので自然に治っていきます。
また、保湿ケアを入念にすることで皮脂の過剰分泌を抑制することができるのでニキビを予防・改善することができます。

このように女性の顎ニキビの原因には体内のバランスが大きく影響しています。

顎ニキビ 痛い 原因

コメントは受け付けていません。