芯のあるような顎ニキビは男性と女性どちらにも出来るの?男女のホルモンバランスも、芯のある顎ニキビの原因になる?

芯のある顎ニキビは男女どちらにもできます。

ホルモンバランスの乱れは、ストレスと並んでニキビの原因になります。
顎は、身体の他の場所と比べて皮脂の分泌が多い場所です。そのために毛穴が詰まりやすく、顎にはニキビができやすいのです。
さらに、毛先や指でいじったり、洗顔料をきちんと落とせていなかったりすると、顎ニキビが炎症を起こして膿をもちます。
これが芯です。

皮脂はホルモンバランスが乱れると過剰に分泌されることがあります。
過剰に分泌される原因のひとつがストレス。ストレスを受けたり緊張すると交感神経が活発になり、男性ホルモンの分泌が促進されます。そうすると皮脂が大量に出て、毛穴が詰まりやすくなったり、顎ニキビが悪化して芯をもったりするのです。

また、ホルモンバランスの乱れも皮脂が過剰に分泌する原因です。
女性の月経周期とホルモンは密接な関係にあります。生理から次の排卵日までは卵胞ホルモン・エストロゲンが、排卵日から次の生理までは黄体ホルモン・プロゲステロンが多く分泌されます。このプロゲステロンが男性ホルモンと似た働きをするために、排卵日から生理日まで皮脂が過剰に分泌されます。

女性は男性に比べて毛穴が小さいこともあり、ニキビができやすくなります。

顎ニキビ ストレス 原因

コメントは受け付けていません。