フェイスラインニキビの原因に、妊娠や生理は関係しているの?ホルモンバランスの乱れがフェイスラインニキビの原因になることもあるの?

フェイスラインニキビは、どちらかというと思春期よりも大人のニキビに多い症状です。
それは原因として生理やホルモンバランスが関係しているからと考えられています。

ホルモンバランスは、生理や排卵によって毎月変化がありますし、妊娠によっても急激に変化します。
特に妊娠中は、女性ホルモンの分泌量が非常に増加し、出産後は急激に減少しますので、妊娠の前後でフェイスラインニキビができる方も多く見られます。

また、ストレスが原因で生理不順になった時にもフェイスラインニキビが発症することがあります。
女性にもアンドロゲンという男性ホルモンの活性があり、これが関係していることでフェイスラインのニキビが悪化することがあります。

ストレスとホルモンバランスの関係は密接で、それが原因で多くの女性がフェイスラインニキビに悩まされています。
ストレスを解消しても直ちにニキビが治ることはありませんが、自律神経を整えることで体内のバランスが整い、生理が規則的に来るようになると肌の状態も改善してきますので、ストレスを適度に解消し、規則正しい生活を送ることがポイントと考えられます。

妊娠が原因の症状は、産後体調が回復すれば肌の調子も元に戻ることが多いので、無理せずスキンケアを行うのが良いでしょう。

フェイスラインニキビ 原因 妊娠

コメントは受け付けていません。