フェイスラインニキビの治し方は、中学生などの思春期の場合と大人の場合で違いってあるの?フェイスラインニキビのできる原因って?

フェイスラインニキビは、中学生などの思春期の場合には、女性の場合生理になったばかりでホルモンバランスが安定していないことや、男性も性ホルモンの活動が活発な時期なので時期が来れば症状が治まるケースがほとんどです。
治し方としては、皮脂の分泌が盛んな場合は洗顔でしっかりと皮脂を取り除くケアが重要です。

中学生などの思春期は皮脂の分泌量が増える時期なので、洗顔料をしっかりと泡立て、一日数回皮脂が気になったら洗顔を行うのが良いでしょう。
その場合、ニキビ肌用の洗顔料を使うのもおすすめです。

フェイスラインニキビで大人になってからできる場合は、中学生などの思春期とは多少原因や治し方が異なります。
大人のフェイスラインニキビは、ターンオーバーの乱れや男性ホルモン方などによっておこることがほとんどです。

思春期との違いとしては、乾燥しやすいため大人の場合洗顔をしすぎるとかえって逆効果になることがあります。
思春期と違い、大人は皮脂の分泌はそれほど多くありませんので、治し方としては若いころとは異なり保湿が重要となります。

保湿を行うことで肌のターンオーバーが正常化するのを助けますので、若いころとの原因の違いをしっかりと認識し、保湿重視のスキンケアを行うのが良いでしょう。

フェイスラインニキビ 治し方 中学生

コメントは受け付けていません。