口周りニキビの原因に、妊娠や生理は関係してるの?ホルモンバランスの乱れが口周りニキビの原因になることもあるの?

口周りニキビの原因に、妊娠や生理は関係しているのでしょうか?また、ホルモンバランスの乱れが口周りニキビの原因になることもあるのでしょうか?

口周りにできるニキビは思春期ニキビとは違い、皮脂の分泌過剰だけが原因ではありません。いわゆる大人のニキビと呼ばれるもので、繰り返しできる上に治らないという厄介な特徴があります。
特に、妊娠初期や生理前などにできることが多いので、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

普段はまったくトラブルのない肌でも、妊娠や生理によって口周りニキビができることがあります。妊娠中や生理の時には、黄体ホルモンの影響により、皮脂が過剰に分泌されるため、毛穴詰まりが起こり、ニキビができやすくなるのです。

生理中や妊娠中にニキビができやすくなるのはホルモンバランスの乱れが原因ですが、睡眠不足やストレスもホルモンバランスの乱れを招くので、ニキビの原因となります。

口周りのニキビが治らない、繰り返しできてしまうと感じたら、まずは、規則正しい生活を心がけてホルモンバランスを安定させることが大切です。
毎日忙しいとストレスを溜めこんでしまいがちですが、自分なりのストレス解消法を見つけて、ニキビを悪化させないようにしましょう。

口周りニキビ 原因 妊娠

コメントは受け付けていません。