顎ニキビはホルモンのバランスの不安定な時期に出来やすくなるの?大人の顎ニキビと思春期に出来る顎ニキビの違いって?

大人の顎ニキビは、ホルモンバランスが不安定な時期に出来やすくなるもので、思春期に出来るニキビとは違います。

思春期にできるニキビは主に10代の頃に出来るものをいい、これは成長期に皮脂の分泌が過剰になるため起こります。
成長期には成長ホルモンが分泌されますが、これが皮脂腺を刺激するからです。
皮脂の分泌が過剰になると毛穴が詰まりやすくなるので、ニキビもできやすくなってしまいます。

大人の顎ニキビは思春期にできるニキビとは違い、ホルモンバランスが不安定になることによって起こります。
ストレスや不規則な生活、睡眠不足、肌に合わないスキンケアによる刺激など様々な原因が関係しているとされますが、はっきりと特定できることはほとんどありません。

ホルモンバランスが不安定だと、男性ホルモンの分泌が増えてしまい、それに伴って皮脂の分泌も増えます。皮脂が過剰になると毛穴に詰まりやすくなるので、ニキビが出来やすくなるのです。

思春期に出来るニキビと大人ニキビとでは、できる場所も違います。
思春期にできるニキビは、皮脂の分泌が多い額や鼻などに多くできますが、大人ニキビは、フェイスラインや首などに出来やすい傾向があり、顎ニキビもその1つです。

顎ニキビ ホルモン 大人

コメントは受け付けていません。