首ニキビの跡の治し方は思春期の場合と大人の場合で違いがあるの?年代によっての首ニキビ跡が治る速さにも違いはある?

首ニキビの跡の治し方は思春期の場合と大人の場合で違いがあり、年代によって治る速さも異なります。

思春期の首ニキビの場合は成長ホルモンの影響で皮脂が過剰分泌して毛穴を塞いでしまうことが原因でできるニキビなので、跡が残らないようにするためには洗浄力が強い洗顔料でしっかりと皮脂や毛穴の汚れを落とすことが重要になります。

思春期が過ぎればニキビも自然と解消されますので跡が残らないように肌を常に清潔に保つことを心がけましょう。

大人の首ニキビの場合は思春期の頃のニキビとは違い、肌の乾燥や不摂生な生活習慣やホルモンバランスの乱れや疲労やストレスなどが原因でできるニキビです。
食生活における栄養バランスを意識したり、しっかりと睡眠をとったり、適度な運動をしたり、疲労回復やストレス解消に努めたりして健康的で規則正しい生活を送るということが重要になります。

大人の首ニキビの場合は肌の乾燥が大敵となりますので、化粧品でしっかりと保湿ケアをして乾燥を防ぐということも大切です。

年代により治る速さに違いが生じる理由は、肌の乾燥による角質のバリア機能の低下やターンオーバーの乱れや肌細胞の再生の遅れが大きく関係しています。
年代が上がれば上がるほど肌は乾燥しやすくなり治りも遅くなりますので、積極的なケアに努めましょう。

首ニキビ 跡 思春期

コメントは受け付けていません。