首ニキビが痛い原因としてホルモンのバランスの乱れはどのような関係があるの?生理前や妊娠初期に首ニキビが出来やすい原因って?

痛い首ニキビができる原因としては、食生活の乱れやストレス等いくつかの理由があります。
ホルモンバランスの乱れも、首ニキビができる理由の1つとして考えられます。

本来、首は皮脂線が少なく毛穴が開きにくい場所ですが、バランスが乱れて女性ホルモンの量が減少すると、男性ホルモンの量が増えます。
これは、皮脂線の活動を活発にする働きを持っています。
活動が活発になると、分泌が起こって毛穴を塞いでしまうために、首ニキビができて痛い思いをすることになります。

また、生理前や妊娠初期に首ニキビができやすい原因は、女性ホルモンのバランスが影響しています。
女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンという2種類のバランスによって保たれています。
程よいバランスを保っている状態であれば適度な皮脂で皮膚がおおわれている状態ですので、適度な潤いがあり化粧のノリもよく感じます、
ます。

しかし、生理前には皮脂分泌を促すプロゲステロンの活動が活発になるために、首に痛いニキビができてしまうのです。また、妊娠初期にニキビができる原因も生理前と同じ原因で起こります。

妊娠初期を過ぎてもなかなかニキビが治らずに肌荒れが気になるものですが、出産後は自然とバランスが均等になるものですので、ストレスを溜めない生活を送ることが一番です。

首ニキビ 痛い 原因

コメントは受け付けていません。