首ニキビの治し方は中学生などの思春期の場合と大人の場合で違いがあるの?首ニキビのできる原因って?

まず治し方ですが、これは特に違いはありません。
一般的には内服薬や塗り薬、ホルモン療法などがとられることが多いです。
これをそれぞれの、首ニキビが出来る原因と重ねてみます。

まず中学生などの思春期の場合ですが、この年代と言うのはちょうど性ホルモンの分泌が始まったばかりで、それが安定しない時期に該当します。
そのことで肌のコンディションが揺らいだり、皮脂が過剰に分泌されてしまうことが首ニキビの原因だと考えられます。

ですから中学生などの思春期の方に関しては、ホルモン療法が最も効果的だと言えます。
ただし効果が大きい分、体に対する負担も大きいので、まずは内服薬や塗り薬からと言うことが多いです。

次に大人の場合です。大人の場合は、ストレスや生活習慣によってホルモンバランスの乱れが引き起こされやすくなると言う違いがあります。
あるいは特定の疾患が原因でそれが引き起こされることもあります。

治し方としてホルモン療法を選択した場合、ホルモンバランスの乱れで引き起こされている、他の不調に対する改善も期待できるので、こちらが選択されることが多くあります。

首ニキビ 治し方 中学生

コメントは受け付けていません。