顎ニキビの治し方は中学生などの思春期の場合と大人の場合で違いがあるの?顎ニキビのできる原因って?

顎ニキビを治すにはまず、中学生などの思春期の場合と、成長した大人が発症する場合とでは原因にも違いがあり、またその治し方についても大きく異なってきますので注意が必要です。

まず中学生が思春期に発症する顎ニキビはホルモンバランスの急激な変化に伴い皮脂分泌が過剰になることから毛穴詰まりを引き起こし、その中でアクネ菌が増殖して一気に噴出すこととなります。

治し方としては常日頃からこまめで丁寧な洗顔などで毛穴の汚れを除去し清潔感あふれる状態を維持することが大切です。

これが大人が発症するものとなると、中学生が思春期に発症するものとは違いが多く、まずは精神的なストレスが顎ニキビとして現れることがあります。

また、食生活の乱れやホルモンバランスの乱れ、さらに髪の毛先などが顎のラインにあたって過度の刺激を与えたり、またはオフィスの空調などによって乾燥状態が続いたり、メイクの洗い残しがあったり、紫外線の影響で肌にダメージが及ぶなどの様々な要素が混在して生じている可能性があります。

大人の顎ニキビの治し方としては洗顔のみならず、睡眠や食生活の改善などでホルモンバランスを整えるなど、総合的にチェックして治していくところに大きな違いが生じます。

顎ニキビ 治し方 中学生

コメントは受け付けていません。