顎ニキビがある時に化粧品で悪化して化膿してしまったり、増える場合もあるの?顎ニキビがある時に化粧品を使う場合の注意点って?

顎ニキビがあるときに化粧品で悪化して化膿したり増えるケースは多く見られます。
そのため、顎ニキビがあるときはなるべくメイクをしないほうが早く改善させることができます。

化粧品によっては顎ニキビを悪化させずに早く治すことができますので、化粧品を使う時はニキビが増えることのない成分が配合されているものを選ぶのがポイントです。

化膿して悪化したニキビは細菌が繁殖していますので、抗生物質の塗り薬を塗ると、化膿している部分が早く治ります。

化粧品を使っていてニキビが増えると感じる方は、成分の見直しが必要です。
ノンコメドやノンオイルと表記してあるタイプの商品はニキビに配慮した成分で作られていますので、比較的ニキビの悪化は防ぐことができると考えられます。

また、鉱物油をはじめとした油分が入っているものや、添加物が入っている製品はニキビの悪化の原因となることがありますので注意が必要です。

例えば、脂っぽいクリームやファンデーションなどは毛穴を詰まらせて化膿したニキビが増えてしまうことがありますので、ニキビが気になるときにはさっぱりとした使用感の化粧品を使うのを心がけると良いでしょう。

メイクは帰宅したらすぐに落とすなど、毛穴を詰まらせない工夫も必要です。

顎ニキビ 化粧品 悪化

コメントは受け付けていません。