口周りニキビがある時に化粧品で悪化して化膿してしまったり、増える場合もあるの?口周りニキビがある時に化粧品を使う場合の注意点って?

口周りニキビは化粧品で悪化することがあります。
ニキビは皮脂が毛穴に詰まり、症状がでますので、乳液やクリームなど、油分を含んだ化粧品を使うと口まわりニキビが悪化することがあります。
そのため、口周りニキビが気になるときは、オイルフリーの化粧品や油分控えめのメイク用品などを使ったケアを行うことがポイントです。

化膿したニキビに油分の多い製品を使ったケアをすると、余計に化膿したニキビが増えてしまうケースもあります。
化膿した部分にはなるべく化粧品は使わず、皮膚科で処方された薬を定期的に塗り、化粧品で刺激を与えないことも大切です。

ニキビが増える原因は、油分以外に潤い不足でも症状が悪化することがあります。
乾燥した肌はうるおい不足になり、皮脂の分泌が増えることで口まわりニキビが増えることがあります。
そのため、保湿に重点を置いたスキンケアを行うことが重要と考えられています。

口周りニキビができているときは、オールインワンゲルがおすすめです。
オールインワンゲルは必要なうるおいをワンステップで肌に届けることができますし、肌に負担をかけずにスキンケアをすることができます。
大人のニキビ肌をケアするオールインワンゲルでケアを行い、脂っぽいファンデーションの使用は控えるのが良いでしょう。

口周りニキビ 化粧品 悪化

コメントは受け付けていません。