口周りニキビは化粧水で保湿することによって予防することが出来るの?口周りニキビには乾燥は良くない?口周りニキビ予防の期待できる化粧水って?

口周りニキビは乾燥が原因によって出来る場合が多いので、化粧水でしっかり保湿すれば予防することが出来ます。

Tゾーンのような、皮脂分泌が活発なところにニキビが出来やすい10代の頃とは違い、20代以降は口周りニキビが繰り返し出来る人が増えるようになります。
これは思春期ニキビとは違う大人ニキビなので、治りにくいうえに繰り返しやすいです。
予防したいときは乾燥を防ぐため、ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどの保湿成分を配合した化粧水を使うようにしてください。

空気の乾燥や紫外線などの外部からの影響を受けると、お肌が乾燥して、弾力のない状態になり、柔らかさをなくして硬くなります。
お肌が硬くなると、皮脂などの汚れが毛穴に詰まりやすくなるので、口周りニキビや吹き出物が出来やすくなるのです。

化粧水で保湿すれば、お肌のかさつきを予防し柔らかさをキープできますが、おでこや頬に比べると、口の周りはお手入れをおろそかにしがちなので、乾燥しやすくニキビも繰り返し出来やすいといわれています。

浸透型コラーゲン配合のオルビスの薬用化粧水や、ヒアルロンが酸配合されているノブの「ACアクティブ」の化粧水を使うと、お肌にうるおいを与えられるので、口周りニキビの予防を期待することが出来ます。

口周りニキビ 化粧水 予防

コメントは受け付けていません。