顎ニキビの跡の治療には病院の皮膚科で治療してもらえるの?顎ニキビ跡の治療方法と治療費についても詳しく紹介!

顎ニキビの跡が残ってしまい病院で治療する際、皮膚科での治療内容や治療費についてご紹介します。
顎ニキビの跡は、炎症部位に色素沈着が起きてシミが残ってしまうケースや、炎症が悪化しクレーター上に凹凸が出来てしまうなどがあります。
症状や受診する病院によって、ケア方法も様々です。

シミの原因はメラニン色素によるものなので、メラニン生成を防ぐ効果があるハイドロキノンという成分を含んだ軟膏などでで治療することが一般的です。
ただしハイドロキノンには副作用があり、痒みや発赤といった症状が出る恐れがあります。注意したうえで使用しましょう。

クレーター上になった時の治療方法はレーザーを使用することが一般的です。レーザーによって傷ついた肌が再生する働きを利用し、陥没部分が塞がることを目的とした方法です。
ただし肌を傷つけて行う為、肌が敏感な方や弱い方は炎症を悪化させる恐れがあるので、ピーリングなど他の方法を行う場合も有ります。

治療費は病院やクリニックによって幅がありますが、薬を処方された時の初診料を含んだ場合には1000~3000円程度、レーザー治療の場合には総額で30,000~50,000円ほど掛かります。
皮膚科に受診すれば顎ニキビ跡も綺麗に治すことは可能です。治療費は掛かりますが、早めに皮膚科に受診しましょう。

顎ニキビ 跡 治療

コメントは受け付けていません。