顎ニキビが痛い時に市販薬で治らない場合は病院で診てもらうべき?皮膚科や美容皮膚科での顎ニキビの治療方法って?

痛い顎ニキビができていて、市販薬を塗っても治らない場合は、皮膚科や美容皮膚科の治療で改善させることができる可能性があります。

顎ニキビの原因には様々なものがありますが、ホルモンバランスやターンオーバーの乱れが原因の場合はホルモンバランスを整える薬を服用したり、ピーリングの施術をしてもらうことで肌を美しく健康な状態に戻すことができるケースがあります。

痛い顎ニキビは、皮膚が炎症している状態ですので、ニキビ用として売られている市販薬ではあまり効かないと考えられます。
しかし、市販薬で効果が期待できるものに抗生物質の塗り薬があります。
痛いニキビの雑菌の繁殖を抑える働きが期待できますので、ニキビ薬で治らない場合はおすすめです。
それでも治らない場合は、皮膚科や美容皮膚科を受診するのが良いでしょう。

皮膚科では、漢方薬や抗生物質の飲み薬、ニキビの炎症を抑える塗り薬が処方されますが、効果が感じられない場合は美容皮膚科の受診がおすすめです。
美容皮膚科では一般的な保険診療では行うことのできない治療を行っています。
特に顎ニキビに効果的なホルモン療法は低用量ピルを使って行われる治療で、口コミでも高い評価を得ています。

顎ニキビ 痛い 市販薬

コメントは受け付けていません。