顎ニキビを皮膚科で治療する場合、薬は処方してもらえるの?皮膚科ではどのような種類の塗り薬や飲み薬を処方してもらえるの?

顎ニキビを皮膚科で治療した時には塗り薬や飲み薬などの薬が処方されます。皮膚科で顎ニキビの治療を受けた時に処方される塗り薬は抗生物質を含んでいない外用薬が多く、毛穴の皮脂を解消させる働きがあり、顎ニキビの治療と予防に効果があります。

皮膚科で顎ニキビの治療を受ける時には塗り薬と一緒に飲み薬も処方されることがあります。主な飲み薬には抗生物質系の内服薬があり、抗生物質は顎ニキビの原因になるアクネ菌を殺菌する働きがあります。ニキビの原因になる細菌を抗生物質で殺菌することによって、ニキビの治療と予防の効果が得られます。

比較的軽い症状のニキビの場合は抗生物質ではなく、ビタミンCを配合している内服薬が処方される場合があります。ビタミンCには抗菌作用があるため、ニキビの原因のアクネ菌の除菌効果が期待できます。

飲み薬の抗生物質は強力な効果が得られるため、ひどい状態のニキビ治療のみに使用され、一般的には塗り薬だけが処方されます。飲み薬も塗り薬も健康保険の適用が受けられますので、薬局で買うよりも安く買える場合があります。医師の診察も受けられますので、ニキビで悩んでおられる方は皮膚科を受診されることをお勧めします。

顎ニキビ 皮膚科 薬

コメントは受け付けていません。