顎ニキビの治療方法にはどのような種類があるの?レーザー治療や薬を使った治療方法などは?

顎ニキビは、皮膚科や美容皮膚科、美容外科などで治療をしていますが、特に美容系のクリニックでは顎ニキビを治療するための方法の種類が選べる傾向にあります。

一般的に健康保険が適用される方法では、「ディフェリンゲル」や「アクアチム」など健康保険が適用される外用薬が処方され、赤いニキビや膿をもったニキビに効果があります。
しかし、顎部分に限定したニキビが長期にわたって治らない場合、健康保険が適用になる保険診療以外の治療のほうが効果がみられるケースがあります。

美容外科や美容皮膚科では、積極的に医療用レーザーを使った方法で施術を行っており、大人のニキビとして知られる顎ニキビが治る方法として知られています。
レーザーを照射する施術はエステでは行うことができず、医療機関のみ扱うことができます。
レーザーにもいろいろな種類がありますので、症状に合わせて最適なタイプが選択されます。

その他、美容系の治療を得意とするクリニックでは、女性ホルモン剤を使った方法がとられることがあります。
これはホルモンのアンバランスを改善する目的で処方される薬で、ニキビを治すのに適した種類の薬が選ばれますが、とても効果が高い場合があり、口コミでも評価の高い治療です。

顎ニキビ 治療 方法

コメントは受け付けていません。