顎ニキビを市販薬などで治療しても治らない場合や繰り返す場合は病院に行くべき?市販薬と病院での処方薬の違いって?

顎ニキビは、スキンケアや市販の治療薬などで対処しても治らない場合は、病院で処方される処方薬を使うことで症状が改善されるケースがあります。
顎ニキビは大人のニキビの症例に多く、スキンケアをニキビ用にかえたり、市販薬をつけ続けても治らないケースが見られます。特に生理前に繰り返す顎ニキビには悩まされる方が多くいます。

繰り返す顎ニキビに市販薬を塗っても治らない場合、皮膚科の処方薬で炎症を抑え、症状を抑えることができることがあります。
皮膚科の処方薬には抗炎症作用が入っており、市販薬よりも炎症を抑える効果が高いのが特徴です。

処方薬を使っても治らない場合は、ホルモン剤を使った治療が効果的です。
この治療は女性に限った方法ですが、生理前に繰り返すニキビに非常に効果が期待できるとして、健康保険適用外の治療で行われています。
ニキビに効果の高いタイプの低用量ピルを毎日服用する方法で、ホルモンの変動を抑えることで症状が改善されるケースが非常に多くみられるため、一部の皮膚科や美容皮膚科で行われる治療法です。

低用量ピルは薬局などで市販されていないため、市販薬で治らない場合は、皮膚科や美容皮膚科などでホルモン療法を試すと良いでしょう。

顎ニキビ 治療 治らない

コメントは受け付けていません。