顎ニキビの治療は思春期の中学生や高校生の場合、どのように行うのが良いの?自力でできる方法と病院に行くメリット・デメリットって?

顎ニキビの治療で思春期の中学生や高校生の場合、皮膚科に行くことで症状を改善できるケースがあります。

顎ニキビは、多くの方が男女問わず悩まされる症状で、思春期の中学生や高校生も例外ではありません。
大人のニキビとして多く見られ、アダルトニキビの代表的症状としても知られる顎ニキビですが、皮膚科で抗炎症作用のある外用薬を処方されたり、抗生物質の内服薬やビタミン剤を処方されることで改善される症例も多く見られます。

思春期の中学生や高校生のニキビの場合、皮膚科で治療をしなくても洗顔を中心にしたスキンケアで時期が来れば改善するケースが多いため、治療に費用や手間がかかることはデメリットと言えます。
その他医療機関にかかるデメリットとしては、処方された薬が肌に合わない場合、副作用が出る場合があります。

例えばニキビ用の外用薬は肌の刺激になることがありますので、肌が敏感な方の場合合わないケースがありますので、刺激を感じたら使用を見合わせたほうが良いでしょう。
又、抗生物質は長期間飲むと胃腸の調子が悪くなるなど、副作用がある薬ですので注意が必要です。

治療を始めてデメリットを感じたら、自力でのスキンケアに切り替えるなどの工夫をすることをおすすめします。

顎ニキビ 治療 思春期

コメントは受け付けていません。