顎ニキビに効く薬は病院の皮膚科や美容皮膚科でも処方してもらえるの?皮膚科や美容皮膚科ではどのような薬を処方してもらえるの?

顎ニキビが悪化した場合、皮膚科や美容皮膚科などの病院を受診し、適切な治療をすることで症状を改善させることができることがあります。

顎ニキビは、女性だとホルモンバランスが悪化した場合や肌のターンオーバーが乱れた場合、またはストレスなどで発症するケースが目立ちます。
人によって原因は異なりますが、特にホルモンバランスの乱れとターンオーバーの乱れは症例の中でも多く見られます。

皮膚科では、健康保険を適用した治療が行われており、炎症を抑える塗り薬や雑菌の繁殖を抑える抗生物質、体質改善のための漢方薬やビタミン不足を補うビタミン剤などが処方されます。

皮膚科で処方された薬で顎ニキビが治る場合もありますが、治らない場合は美容皮膚科での治療が効果的といわれています。
皮膚科と美容皮膚科は同じ病院でも治療範囲が異なり、美容皮膚科では保険診療がで起用されない治療を扱っています。
美容を中心とした治療を得意としていますので、ニキビの治療も保険診療で通常行わないホルモン療法の治療が受けられますので、顎ニキビを効果的に治すことができます。

ホルモン療法では、ホルモン剤が処方され、女性ホルモンのバランスを整えることでニキビの治療を行います。
治らない顎ニキビに悩んでいる方は、病院での治療を検討してはいかがでしょうか。

顎ニキビ 薬 皮膚科

コメントは受け付けていません。