フェイスラインニキビが治らない理由として、病気が原因でフェイスラインニキビが出来てしまうこともあるの?その場合、病院の何科に行けば良いの?

フェイスラインニキビが出来てしまって治らない理由として、婦人科系の病気が原因で症状が出るケースがあります。

フェイスラインニキビができて治らない場合は病院の何科に行けばよいかというと、第一に皮膚科が浮かぶ方が多いのではないでしょうか。
しかし実際皮膚科に行っても治らないケースは多く、どこの病院の何科に行けばよいかわからないという悩みはインターネット上でも目にします。

フェイスラインニキビができる理由として、女性の場合子宮にできものができていると男性ホルモンの分泌量が上がり、ニキビができることがあります。
理由は男性ホルモンには皮脂の分泌量を上昇させる働きがあるためで、ニキビの治療をしていたところ婦人科で病気が発見されることも少なくありません。

その場合は、病気の治療を開始し、症状が改善するとともにフェイスラインのニキビが落ち着くこともありますし、症状が改善しない場合は婦人科や美容皮膚科などでホルモン療法を行うことで、症状の改善が見込まれます。

思春期のニキビよりも治りにくいフェイスラインニキビの治療で病院の何科に行けばよいかわからないという方で、皮膚科の治療で改善しない方は、婦人病が隠れているかもしれませんので、婦人科を受診してみてはいかがでしょうか。

フェイスラインニキビ 治らない 理由

コメントは受け付けていません。