フェイスラインニキビが治らない理由に毛穴の角質などは関係がある?フェイスラインニキビに効果的なスキンケアの方法って?

フェイスラインニキビが治らない原因としては、毛穴やその周辺にたまった角質が原因となっていることがあります。

肌は1か月周期でターンオーバーを繰り返しており、その周期が乱れると毛穴に皮脂や角質が詰まり、フェイスラインニキビができてしまうケースがあります。
治らないフェイスラインニキビの症状がある場合は、角質や毛穴に着目したスキンケアを行うことで、症状を効果的に改善することができるケースがあります。

治らないフェイスラインのニキビには、肌の再生力を高めるためのピーリングが有効です。
これは肌表面の角質や余分な汚れを除去する働きがあるスキンケアで、エステティックサロンなどでも施術がうけられますが、自宅用のピーリング剤も販売されています。
ピーリングを定期的に行うことで、肌のターンオーバーが正常化され、そのあとに使う美容成分も肌に浸透しやすくなり、効果的なスキンケアができます。

又、保湿を重点的に行うのも効果的です。
大人のフェイスラインニキビは肌の乾燥が原因で起こることもあります。
肌の乾燥をそのままにしておくと、肌がうるおい不足と判断し、皮脂が過剰に分泌されることもありますので、乾燥を感じる前に保湿ケアを行うのが良いでしょう。

フェイスラインニキビ 治らない 毛穴

コメントは受け付けていません。