フェイスラインニキビの跡の治療には病院の皮膚科で治療してもらえるの?フェイスラインニキビ跡の治療方法と治療費って?

フェイスラインニキビの跡を病院の皮膚科で治療する方法があるのかどうか、また治療を行った際の治療費はどのくらいなのか紹介しましょう。

一口にフェイスラインニキビの跡と言っても様々な種類があります。
例えば赤みや色素沈着が肌表面に残ってしまったり、肌表面が凸凹になったしまったりなどです。
これらの跡は病院の皮膚科で治療を試みることができます。

その病院の皮膚科によっても方法は異なりますが、凸凹の跡が残ってしまった場合はレーザーを照射し、肌深層でのコラーゲンを増産させ肌生成を促すことで治療を試みます。
赤みが残ってしまった場合は、光エネルギーを照射することで、毛細血管の拡張を抑制し、徐々に赤みを抑えていきます。
また色素沈着が起こってしまった場合はピーリング剤を塗り乱れた肌の代謝を整えメラニンの排出を促します。

これらはフェイスラインニキビに限るわけではありませんが、病院で治療を試みることができる方法です。

治療費については、レーザー等の種類にもよりますが、トータルの治療費で3万から4万円くらいかかるのが相場です。
もちろん面積が大きくなればなるほどその治療費は高額になっていきます。
定期的に病院に通う必要がありますので、その回数分の費用がかかりますので予定しておきましょう。
初回は割引価格になっていることが多いです。

フェイスラインニキビ 跡 治療

コメントは受け付けていません。