フェイスラインニキビの跡の治し方は思春期の場合と大人の場合で違いがあるの?年代別のフェイスラインニキビ跡の治し方って?

フェイスラインニキビの跡の治し方は、思春期と大人では違いがあるので、年代別の具体的な方法について説明します。
まず、ニキビの仕組みについて説明することからスタートします。

ニキビは「青春のシンボル」とも呼ばれているように、思春期に大量に発生するのが特徴です。
これは、この時期に成長ホルモンが急増することにより皮脂腺も活性化するからです。このようにして増加した皮脂を餌としてアクネ菌などが増殖するので、これらにより毛穴がふさがれてしまい炎症が発生します。

一方、大人ニキビの場合も皮脂と細菌との相互作用が原因という点に関しては同じですが、細胞分裂が低下しているので跡が残りやすいという大きな違いがあります。
特に、30代以降の年代は顕著となるので、フェイスラインニキビの跡を改善するためにはターンオーバーを活性化するアイテムを使用しなくてはなりません。

具体的には、思春期のフェイスラインニキビに対しての改善策は、皮膚への刺激を最小限度に抑制するという内容のアイテムで、とにかく悪化するのを防止するという方向性が最適です。
これは、この時期は大人と違い細胞分裂は非常に活発であり、綺麗な状態に回復させられるからです。

このような年代ごとの違いを念頭に置いたうえで、適切なケアを実施するようにしましょう。

フェイスラインニキビ 跡 思春期

コメントは受け付けていません。