口周りニキビが治らない場合や繰り返す理由に、病気の可能性はあるの?その場合、病院の何科に行けば良いの?

口周りニキビがいつまでも治らない場合の病気の可能性ですが、内臓の、特に「胃」に負担がかかっているケースが多いです。

食べ過ぎやアルコールの飲みすぎの物理的な負担、ストレスなど精神的な負担が理由で、胃がダメージを受けているのが表出しているのです。
口周りニキビが発生する理由は、体内からの危険信号と思ってください。

胃の荒れを放置することにより、すぐに病気に発展するという訳ではありませんが、体の疲労感やむくみ、貧血・めまい・立ちくらみなど、血液不足が理由による症状・病気が現れ始めてしまいます。
いつまでも治らないときは、肌表面だけではなく体全体を整えてあげる気持ちで改善させていきましょう。

口周りニキビが通常の対処法でもなかなか治らない場合、病院に行くようにしましょう。何科に行くかに関しては内科が良いですが、もちろん通常の総合病院に行っても大丈夫です。

病院によって細分化されている場合もあるので、それは電話や受付で直接何科が良いか尋ねるのがベストです。
女性の場合、婦人科・産婦人科でも診てもらえます。子どもさんの場合は何科という項目がなくても小児科で十分です。

また、暴飲暴食はやめて胃を休ませてあげたり、乾燥しやすい口周りの保湿ケアなど、身体の内外から改善を図ることもお忘れなく。

口周りニキビ 治らない 理由

コメントは受け付けていません。