口周りのニキビ跡の治し方は思春期の場合と大人の場合で違いがあるの?年代別の口周りニキビ跡の治し方って?

ニキビは思春期だけでなく大人になってもできるものです。それは年代によって原因が違います。

思春期は活発化したホルモンの分泌による原因です。そして顔の中でもおでこや頬など皮脂の多い部分に出やすい特徴があります。
口周りニキビができることもあり、この場合には消化器官の悪化によるものが多いので食生活を気を付けることが大切です。脂質や糖質の多いものをなるべく避けて野菜や大豆を摂ることを心がけることが必要です。

大人のニキビは皮脂過多とは違いストレス、生活習慣の乱れで肌が乾燥を起こし、角質層が狭くなることで皮脂の排出がしにくくなることで起こります。
口周りニキビやあごニキビなどのターンオーバーが遅い部分にできることが多く、これを改善するには、しっかりと汚れを落とし、保湿をきちんとすることが必要です。

ニキビは進行してしまうと跡に残るものです。跡に残ると肌に凹凸ができてしまうので、年代に合わせ早い段階でしっかりとしたケアをしていきます。

思春期には皮脂の分泌を抑えるケア商品や食生活の見直し、大人ニキビにはストレスをためない生活習慣や保湿ケアがポイントです。
口周りニキビは食べ物がついたり、手で触ったりと刺激を起こしやすい部分なので、跡に残さないためにも年代による原因の違いを知って合った対処法をしていきます。

口周りニキビ 跡 思春期

コメントは受け付けていません。