首ニキビに効く薬は病院の皮膚科や美容皮膚科でも処方してもらえるの?皮膚科や美容皮膚科ではどのような薬を処方してもらえるの?

首ニキビで悩んでいる人、そのような時は皮膚科や美容皮膚科などの病院でお薬が処方してもらえます。

特に若い女性は、首ニキビは夏など薄着になる季節などは目立ってしまっていやですよね。
でも最近は病院で処方してもらい保険も効くお薬が増えてきていますので少し紹介してみたいと思います。

保険診療している皮膚科や美容皮膚科であれば処方してもらえます。
首ニキビに効果のあるお薬を大きく分けると抗生物質と皮膚の角質に作用するものに分けられます。

抗生物質は昔からあり、皮膚のニキビを増悪させていた細菌を減らす作用がありますが、これだけではなかなか治りません。
重要なのは皮膚の角質に作用する薬でアダパレンと酸化ベンゾイルが主なものです。

アダパレンはビタミンAの誘導体で皮膚の細胞に働きかけ角質化するのを抑えることでニキビを治療します。
また、酸化ベンゾイルは2015年に保険で認められたばかりで、皮膚にいる細菌を攻撃する殺菌作用があることに加えて、角質の細胞の結合を弱くすることで角質が剥離しやすくして治療効果を発揮します。

治療はこれらのお薬を組み合わせて行いますが、保険がききますので近くの皮膚科や美容皮膚科などの病院で処方してもらえばそれほど高額な治療費にもならないため、受診してみてはいかがでしょう。

首ニキビ 薬 皮膚科

コメントは受け付けていません。