口周りのニキビ跡の治療は病院の皮膚科に行けば良いの?口周りのニキビ跡の治療方法と治療費って?

口周りニキビ跡の治療は、病院の皮膚科に行くことをおすすめします。ニキビの炎症が肌の奥深く真皮層にまで及んでしまうと、肌にクレーター状のでこぼこが残ってしまうことがあります。

自分で元の状態に戻そうとスキンケアを続けていても、なかなか改善が見られない場合は、悪化させる前に病院の皮膚科で治療を受けることが大切です。

病院の皮膚科では様々な方法で、口周りニキビ跡にアプローチします。内服薬や外用薬、ケミカルピーリングなど肌質やニキビ跡の状態に合わせて、一番合った治療法を選んでくれるのでたいへん安心です。

ニキビ跡は、肌のターンオーバーが正常に働くようになると古くなった角質が自然に剥がれ落ち、新しい皮膚が作られるので、次第に目立たなくなってきます。内服薬を飲んだり外用薬を塗ってターンオーバーを促進する治療法は、保険が適用されるのでそれほど治療費はかかりません。

グリコール酸やフルーツ酸、サリチル酸など酸性の薬剤を塗って、古い角質や毛穴に詰まっている汚れを化学的に溶かして落とすケミカルピーリングも口周りニキビ跡にはたいへん効果的です。

病院によって治療費が異なりますが、ニキビのケアは保険が適用にならない場合が多く、おおよそ一回で1万円ぐらい治療費がかかるところが多いようです。
口周りニキビ 跡 治療

コメントは受け付けていません。