顎ニキビが痛い場合の治し方として食べ物や食品で効果のあるものって?痛い顎ニキビに良い食材を使ったレシピも紹介!

顎ニキビが痛い場合の治し方として、ビタミンB2・B3・B5・B6といったB群、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンAが含まれる食べ物・食品を食べると効果的です。
ひとつずつ紹介していきましょう。

<ビタミンB群>
皮膚や髪に栄養を与え、肌の生まれ変わりをサポートするB群には、胚芽米・納豆・マグロ・卵・レバーなどが挙げられます。

<ビタミンC>
ビタミンCには、活性酸素から肌を守り痛い顎ニキビの炎症を抑える働きがあり、主な食品には、赤ピーマンやアセロラジュース、ゆずの皮などがあります。

<ビタミンE>
抗酸化機能があり、痛い症状を和らげるビタミンEが含まれる食べ物には、あんきも・イクラ・すじこ・キャビアなどの魚卵があります。

<ビタミンA>
皮膚や粘膜の免疫力をアップさせるビタミンAが含まれる食べ物として、鶏レバー・豚レバーなどのレバー類があります。

顎ニキビを治す期待ができる、上記成分が含まれる食品を用いたレシピを紹介します。
胚芽米のごはんに納豆、マグロの刺身や生卵の和食レシピは、バランスもよくオススメです。
もし忙しくて朝食が取れなくても、レシピにビタミンCを大量に含む野菜ジュースを使うと良いでしょう。
焼きレバーと、ニキビに効果のある食物繊維・じゃがいもや里芋の煮っころがしなどを組み合わせるのも良いでしょう。

ニキビだけでなく口内炎の治し方でも有名なウナギを食べるのも良いですね。

顎ニキビ 痛い 治し方

コメントは受け付けていません。