顎ニキビ用の漢方薬は、生理前のホルモンのバランスが乱れている時や妊娠初期に飲んでも大丈夫?生理前や妊娠初期に顎ニキビができる理由って?

顎ニキビ用の漢方薬は、生理前のホルモンバランスが乱れている時や妊娠初期に飲んでも大丈夫なのかどうか、またこの時期に顎ニキビができる理由については次の通りです。

まず生理前や妊娠初期に飲んでも良いのかと言う点に関してですが、これはできれば避けた方が賢明だと言えます。生理前はまだ許容範囲だとしても、妊娠初期と言うのは、その影響が胎児の発育などに出てくることも否定はできません。

漢方薬は、薬とは異なり薬効が穏やかであるため、副作用や負担は少ないと言われています。また、妊娠初期の不調に働きかける作用を持った漢方薬もあります。
ですから、それほど心配する必要はないと言えるのですが、それでも影響がゼロであるとは言い切れません。
よって顎ニキビの改善を目的にするのであれば、無事、出産を終えてから飲み始める方が安全です。

これはまた、出産を終えればホルモンバランスが整い、顎ニキビも自然に改善されていくことが期待できるためでもあります。

生理前や妊娠初期に顎ニキビができやすいのは、女性ホルモンのバランスが乱れるのが理由のひとつです。女性ホルモンの分泌が減少して、皮脂を分泌させたり、角栓を溜まらせる作用を持った男性ホルモンが優位になったり、肌を整える作用をもったエストロゲンが減少することが理由と言う具合です。

顎ニキビ 漢方薬 生理前

コメントは受け付けていません。