顎ニキビに効く薬は、腫れて痛いような顎ニキビにも効くの?顎ニキビにしこりがある原因って?顎ニキビのしこりにも薬は有効なの?

顎ニキビは悪化しやすく、腫れやしこり、痛みといった症状を起こしやすく、その原因を解消しつつ薬を塗ることで治療し症状を抑えることは可能です。

まず顎ニキビの原因について、多くは衛生状態と刺激があげられます。
顎は食事の際に湯気や口元からのこぼれが付いたりと汚れやすいです。また汗をかいた時に流れて付着しやすいことに対し、目立ちにくい部位であるため、見逃されやすく悪化しやすいです。
顎をついたりマスクをつける、髭をそるなど、絶えず刺激が与えられることなどが原因となり発生します。

そして初期症状は軽度の腫れやしこりが多いですが、重症化すると痛いと訴える方も多いです。

ニキビは毛穴に炎症がおこり発生します。その症状の中に痛みもあり、進行する中で発生する方が多い為、痛いという方は重症化していることが多いです。

しかし、それらは薬で治療することができます。薬を塗る際、顎ニキビがある部分をしっかりと清潔にし、薬を塗ります。
刺激があるとよくない為、極力触れたりしないようにします。
定期的に薬を塗り替えていくことで腫れやしこり・痛いと言った症状を軽減させていくことができます。

しかし重要なことはニキビを発生させないことであるため、しっかりと日々のケアを行うことも大切です。

顎ニキビ 薬 腫れ

コメントは受け付けていません。