顎ニキビに効く薬は大人の顎ニキビと思春期の中学生や高校生にも効く?薬の成分や効き目に違いってあるの?

顎ニキビは年齢を問わず発生しますが、中学生や高校生の思春期と大人ではその原因も違う為、それぞれに対応した薬を使うことが求められます。

顎ニキビの違いについて、中学生や高校生の思春期では代謝が盛んである為、必然的に汗や皮脂など代謝も盛んになります。そのため肌の衛生状態も自然と悪くなります。
洗顔を意識して行っている人でも顎は見逃しやすいため、顎ニキビが多発している思春期の人は多いです。

大人の場合、運動不足や不規則な生活習慣・ストレスなどが影響していることが多いですが、それ以上に代謝が衰えています。
そのため汗として排出される老廃物が蓄積し、体内からニキビが発生しやすい状態になります。

どちらも清潔を保ったり生活を意識することで改善することは可能ですが、薬を用いることでよりその効果を高めることができます。

実際に薬の成分については、中学生や高校生のような思春期の場合、顎ニキビに伴う炎症を抑制しつつ清潔面に配慮した作用を持つ商品が多いです。
それに対し大人の場合、炎症を抑えつつ代謝を促進させて毛穴から排出されなかった老廃物を除去していきます。

また大人の肌は思春期の肌と比べて乾燥していることが多く潤いに欠け、ニキビもできやすいです。そのため保湿性に富んだ薬もお勧めとされています。

顎ニキビ 薬 大人

コメントは受け付けていません。