顎ニキビ用の薬は、生理前のホルモンバランスが乱れている時や妊娠初期でも飲んで良いものなの?生理前や妊娠初期に顎ニキビができる理由って?

顎ニキビは、生理前や妊娠初期に悩まされる方の多い皮膚疾患です。
顎ニキビができる理由として、ホルモンの分泌量が変化することが挙げられ、生理前や妊娠初期には特に女性ホルモンの分泌量に変動があるのが理由として考えられます。

顎ニキビで医療機関を受診し、健康保険の適用される治療薬で症状が改善しない場合がありますが、一般的な処方薬で症状が治らない場合はホルモン剤が有効な場合があります。

女性ホルモン剤である低用量ピルは、あごにきびに高い効果が期待できる医薬品で、理由は女性ホルモンの量を一定に保つことができるため、変動による肌トラブルを防ぐことができるためです。
生理前の体調不良や肌荒れも変動が理由で起こるものですので、低用量ピルの副効用を利用した治療法です。

しかし、妊娠初期の方の場合は、低用量ピルは飲むことができません。
妊娠中気になると体調が安定し、顎ニキビの症状も気にならなくなるケースが多く見られますので、低用量ピルは飲まないようにしましょう。

生理前は黄体期と呼ばれ、皮脂の分泌量が増加し肌トラブルが起きやすい時期ですので、低用量ピルと併用してスキンケアもオイルが含まれない製品を使うなどの工夫をすることが重要です。

顎ニキビ 薬 生理前

コメントは受け付けていません。