口周りニキビは赤く腫れてしまうと跡に残っちゃうの?ひどい口周りニキビや跡に効く塗り薬って?

口周りニキビは思春期ニキビとは違い、大人ニキビのひとつなので、繰り返しできて治りにくいという厄介な特徴があります。

赤く腫れてしまうと、治った後も色素沈着や赤みとして残り、跡になってしまいます。
赤く腫れてしまうと気になってついつい触ってしまいますが、触ると悪化してしまうので、ニキビにはなるべく触れないようにしましょう。

口周りニキビの症状がひどくて化粧品では良くならない場合は、塗り薬を塗るのも有効です。
おすすめなのは「テラコートリル」という市販薬です。赤ニキビや化膿を伴うニキビに効くので、ひどくなってしまったニキビにも効果的です。
また、ニキビ跡の赤みにも効果があるので、ニキビが治った後もしばらく塗っておくと良いでしょう。

ニキビ専用の塗り薬というわけではありませんが、オロナインも赤ニキビや炎症を起こしたニキビに効く市販薬です。オロナインに含まれるクロルヘキシジングルコン酸塩液という成分が赤ニキビを鎮静します。
赤く腫れたニキビができてしまったら、まずは家にオロナインがないか確認してみましょう。

口周りニキビ 跡 赤く

コメントは受け付けていません。