首ニキビに効果のある薬にはどのようなものがあるの?薬を使った、ひどい首ニキビを効果的に治す方法って?

首ニキビの主体が面皰の場合には、ケミカルピーリングが有効です。しかし、この薬は健康保険の適用外となっています。
また、アバダレンという面皰に効果的な薬が承認されています。
これらの治療には、皮疹のない状態を維持することで治療の効果が期待できます。

ひどい炎症のある場合の治す方法としては、炎症にひどい程度に応じた抗生物質を服用します。
塗り薬にはナジフロキサシンヤクリンダマイシンなど、飲み薬には、ミノサイクリンやロキシスロマイシンなどが使用されます。

ひどい首ニキビなどの跡に対しては、キミカルピーリングや各種のレーザー治療、外科的な手術などさまざまな方法がりりますが、効果的に治す方法としての見解が今のところ出ていないのが現状です。

瘢痕を残さないためにも早めの治療が必要です。

家でのケアとしては、石鹸で洗顔します。オイル洗顔を行っても首ニキビは悪化しないので、化粧品を使用した場合には、化粧品を綺麗に落とし、水で十分洗い流すことが大切です。
この時、にきびをつぶしたり、強くこすったりしないようにすることです。

髪の毛などが首ニキビなどに触ると物理的な刺激でひどくなるできやすくなるので、髪の毛を短くするか、または、皮膚に触れないようにすることも治す方法の一つです。

首ニキビ 薬 効果

コメントは受け付けていません。