首ニキビ用の薬は、生理前のホルモンのバランスが乱れている時や妊娠初期でも飲んで良いの?生理前や妊娠初期に首ニキビができる理由って?

首ニキビができたときに処方される薬は、生理前や妊娠初期などに服用するには慎重になる必要がありますが、理由はホルモンの分泌に変動があるためです。
特に妊娠初期には大幅に女性ホルモンの分泌量が増加する理由から、多くの医薬品は服用禁止になっています。

サプリメント程度であれば服用できるものもありますが、それも産婦人科医に相談のうえで服用する必要があります。
妊娠中期になると首ニキビの症状が落ち着いてくることがありますので、妊娠初期のうちはスキンケアのみで様子を見たり、外用薬をつけるなどの対処をお勧めします。

生理前には黄体ホルモンの分泌量が増えるため、皮脂分泌量が過剰になることから首ニキビができるケースがあります。
首だけでなく、生理前には様々な部分にニキビができやすい理由は黄体ホルモンの分泌によるところが大きいと考えられいてます。

首ニキビの症状に悩まされている方は、抗生物質やビタミン剤、漢方薬などが処方されることがありますが、妊娠していない方は症状に合わせて服用すると良いでしょう。
ホルモンバランスの乱れは、低用量ピルを服用することで改善することがありますので、妊娠していない方は婦人科に相談するのも一案です。

首ニキビ 薬 生理前

コメントは受け付けていません。